N'sCreates ロゴ

UX/UIデザインに強いWebシステム開発会社。神戸・三木から全国対応します。

中田 和行中田 和行 / 2016年9月20日

起業家にとって必要な学習方法とは?

UX / UI のデザインに強いWebシステムの開発と、BtoB Webマーケを支援するWeb制作を提供する
N's Creates (エヌズクリエイツ) 株式会社 の 中田和行@神戸のデザイナ社長 (@NakatA__) です。


台風接近中で大雨の中、自宅オフィスで朝のミーティングを終え「通勤が無いって、こういう時本当に便利だなぁ」と思いながら、リモートチームの素晴らしさを改めて感じつつ、このブログを書いています。
今日は、最近特に意識をしている「起業家にとって必要な学習方法」について。

何かを学習するとき、いろんな目的や、目的に沿った学習方法があると思います。
僕自身もこういう言い方があるというのは、つい最近知ったのですが、「ジャストインケース学習」と「ジャストインタイム学習」という、二つのタイプの学習があるそうです。
簡単に説明すると、

<ジャストインケース学習>
今は必要ないけれど、いつか何かのために必要かも知れないと、資格を得たり、知識を身に付ける学習方法。
<ジャストインタイム学習>
今必要なことを勉強する学習方法。

というように分類されます。
この2つのうち、起業家にとって大切なのは、どちらでしょうか?
僕は、断然、「ジャストインタイム学習」の方だと考えています。
起業家というと、先のことまで考えなければならないし、一見、「ジャストインケース学習」が必要にも思えるかもしれませんが、むしろこれは、必要ないと思っています。
起業家にとって大切なのは、設定したゴールと今のギャップを埋めるために、今必要なことから埋めていくこと。そして、いかに速く設定したゴールに辿り着くかということ。これに尽きるのではないでしょうか。
例えば、N’s Createsとして、提供できることを増やすという目標設定をしたら、

  • そのためには、あるスキルを持った人材が必要。
  • そのためには、それだけの人材を抱えられる営業基盤が必要。
  • それを叶えるためには…

というように、目標に向けて必要なことをプロセス分解していくと、
そのギャップを埋める方法がわからないことが出てきます。
この「今わからないこと、知る必要があること」を得る。これが起業家にとって必要な「ジャストインタイム学習」です。
ジャストインケース学習のように『いつかの為に知識を増やすこと』を目的とするのではなく、『今、事業を進めるために必要なこと』を身につけるということです。
学習というと、学ぶ事が好きな人ほど、体系的に知識を得ようとしてしまいがちですが、起業家がそういう学習方法を選択しているということは、そのとき必要なことが明確になっていない証拠だとも感じます。
そういう学習に時間を使うより、今必要なことに集中することのほうが、起業家にとって、重要なのではないでしょうか。
そして、ジャストインタイム学習の優れた点は、『学んだことを、すぐにアウトプットしていける』という点です。
今必要なことを勉強するということは、学んだことをそのまま必要なことに活かせるということです。
何らかの方法や考え方を学んで、そこで安心するのではなく、学習しながらアウトプットする。これほど効率的な学習方法はありません。
実際に僕も今、目標を設定して、その為に必要なマーケティングの具体的な方法を現在進行形で「学習→実践」しているところです。
ジャストインケース学習より、ジャストインタイム学習。そして、ジャストインタイムで学習をするための『今必要なことが何かを見極める目』が、“起業家のスキル”とも言えるのではないでしょうか。


UX / UI のデザインに強いWebシステムの開発と、BtoB Webマーケを支援するWeb制作を提供する
N's Creates 株式会社では、「Webシステム」「スマホアプリ」「Webサイト」の、デザインと開発のご依頼を全国から受け付けています。

制作実績の一部」を公開していますので、是非ご覧ください。

同じテーマの記事

中田 和行中田 和行 / 2019年9月1日

N’s Creates スタートから4年が経ちました

中田 和行中田 和行 / 2019年8月2日

経営課題に近い商品・サービスの提供を

中田 和行中田 和行 / 2019年6月21日

ビジネスを成功に導く思考とは?

中田 和行中田 和行 / 2019年6月14日

企業の産業競争力を上げるための「デザイン経営」

ページ上部へ戻る