N'sCreates ロゴ

UX/UIデザインに強いWebシステム開発会社。神戸・三木から全国対応します。

中田 和行中田 和行 / 2016年12月30日

Thanks 2016

早いもので、2016年も、もう終わりを迎えます。
今年は、起業して1周年を迎え、僕自身にとっても、
N’s createsというチームにとっても、
非常に有意義な一年になったと感じています。
UIデザインや自社サービスQuiipoのご依頼をいただきましたお客さま、
新たに加わったメンバー、
ブレインとして僕たちを助けてくれたパートナーさま、
そして、このブログをいつもご覧下さっている皆さまに、
改めて、感謝の意をお伝えしたく、こうしてPCに向かっている次第です。

さて、ここで、1月にあげた、今年の目標とともに、
一年を振り返ってみようと思います。
僕が今年の目標としてあげたのは、「自由になる」。
そのために、「不自由を解決した数」を指標に取り組む、というものでした。
実際には、どうだったか──?

案件 (=クライアントが困っていることを解決した) 数は44

スマホアプリのUIデザインや、Webサービスの開発、Quiipo 契約ユーザーへのWebサイトの制作等、大小様々な案件を合計すると、今年の制作件数は44件でした。
対価をいただき、クライアントに満足いただける制作物を納品する。という事は、クライアントの不自由を解決した数として、一番わかり易い指標だと思います。
この数はとても僕一人では、満足行くサービスを提供できるボリュームではありませんでした。メンバーの参加や、色々と改善や工夫を重ねる事で、コツコツ積み上げる事のできた結果だと、振り返ってみて改めて思います。

自分たちが不自由に感じる事を解決した数は15件くらい

N’s Creates では平均して月に1回程度、現状の問題点やそれに対しての改善アイデアを検討する機会を設けています。その中で、だいたい3件くらいの改善アイデアを実行に移しながら、毎週、または数日ごとの非常に短いサイクルで、PDCA を回しています。
もちろん、不自由に感じる事を解決できる事もあれば、アイデアを試しても解決できずに、元に戻す。という事も良くあります。それでも、不自由に感じる事をそのままにしない。という考えのもと、月に1、2件は不自由に感じる事を減らす事ができたかと思うので、15件くらいという結果となりました。
まだまだ、不自由に感じる事はありますし、N’s Creates が成長するに伴い、あたらな課題も増えてきています。来年もスモールチームの身軽さを活かして、現状や常識にとらわれずに自分たちが良いと思うことを信じて、改善を繰り返していければと思います

依頼があっても、ボリューム的に対応できない問題

今年は新しいクライアントも増え、また自社サービスのQuiipoも始まったことで、年初に想定していた以上の多くのご依頼をいただきました。
その中で、時間的にどうしても対応できずに、依頼に応えられないという問題がありました。N’s Creates は「解で快を創る」をコンセプトにしているので、依頼に対して単純に「No」と言うのは、とても残念な気持ちになってしまいます。
幸い、メンバーの努力や、パートナー会社の協力によって、何とか乗り越えてきているのですが、この課題に対しては「おなじ気持ちをもって働けるメンバーに参加してもらう」という解決方法を、来年取っていきたいと考えています。

2017年、新メンバー募集します

採用については、いま N’s Creates で活動している我々にとっても、あらたに参加してもらう新メンバーにとっても、とても重要な事だと思っているので、時間をかけてじっくりやっていきたいと思っています。
デザインや開発のスキルがあるに越した事は無いのですが、我々の仕事に対する考え方、目指す所や、仲間としての信頼関係など、一緒に長く成長していけるような仲間に参加してもらいたいと思っているので、近いうちに求人ページとして「想い」の部分を発信できればと考えています。
自分たちが「快」な状態で「解」を生み出し、周りの人を「快」にしていける。そんな働き方ができるチームを一緒に創っていきたい人と一緒に働く事ができると嬉しいです。
================
僕たちにとって、素晴らしい一年となった2016年。
皆さま、本当にありがとうございました。
そして、来年も、どうぞよろしくお願いいたします。
どうぞ、良いお年をお迎えくださいませ。

同じテーマの記事

中田 和行中田 和行 / 2019年12月27日

何をする会社なのか?を考える

中田 和行中田 和行 / 2019年12月23日

4年を超える積み重ね

アバター田中和志 / 2019年12月20日

仕事がはかどる健康法(食事編)

中田 和行中田 和行 / 2019年11月15日

長く続く会社にするために心がけていること

ページ上部へ戻る