N'sCreates ロゴ

UI デザインからシステム開発まで、デザインに強い IT 開発会社。フルリモートで全国対応します。

世界に広がるリモートチームで、アプリやWebサービスの UI 設計とデザインを提供する、
N's Creates (エヌズクリエイツ) 株式会社 デザイナー 齋藤 (@31mskz10) です。


自分は今年の1月からN’sCreatesの新メンバーとして一緒に働きはじめました。
その際に「[メンバー紹介]新デザイナーから見たN’s createsの魅力や社風」という記事を自己紹介も兼ねて書きましたが、気がつけばそれからあっという間に5月です。

「新人として自分は会社に何が出来るのか」
業務を行っているある時ふとそんな事を考えました。
会社から、自分に対して様々な価値や経験を与えてもらっていますが、
逆に自分にはどんな魅力があり、会社に対してどんな価値を提供できているんだろうかと。
もちろん労働力が挙げられますがそれだけだとなんだか物寂しい。
何か無いだろうかと考えた先にたどり着いたのが「自己のスキルアップ」と「情報の社内共有」「新しい事への挑戦」です。

自己のスキルアップ

今より更にスピードを上げたり、質を上げる事によってそれがそのまま会社や、その先のお客様に対しての自分の価値にも繋がります。
そのためには日々の業務とそれ以外の学びが欠かせません。
情報収集から個人的な制作の練習、
何日か続けているといつの間にか時間がある時に自然とするようになってしまうものです。
他にも現状持っているスキルを伸ばす以外に、新しいスキルを身につけるというのもあります。
特にWeb業界は時代の変化が激しいと言われていますが、
きっとどの業界でも緩やかながら変化はしていくでしょうし、
それらを感じ取ってうまく取り入れていくのは重要なことです。
「知らない単語を見かけたらちょっと詳しく調べてみる」
「とりあえずサッと試せそうであれば試してみる」
簡単なこと・小さなことでも日々の積み重ねが大切です。

情報の社内共有

いくら自己のスキルアップを行っても、スキルは結局個人のものでしかありません。
個人内で完結するだけでなく、自分が持つ情報やスキルを共有していけばよりチームに対して貢献する事が出来ます。
そのために最近は自分の知った事や業務上で効率化した事があれば社内共有を行っています。
たとえ共有した方法を使わなかったとしても「こういう方法がある」という引き出しを増やす事は後々必ず生きてくるでしょうし、
僕自身もチームに共有するために、行っている事を言語化したりするのでスキルアップにも繋がります。

新しいことへの挑戦

スキルアップと被る部分がありますが、面白そうなことやまだ自分がやっていないような事があれば挑戦してみたり、
何かやってみると良さそうな事があれば社内で提案したりしています。
自分自身が結構新しいもの好きなところがあり、
新しいことを調べたり試したりする事にあまり苦を感じないので自分の性にも合っています。
せっかく新人として会社に加わったわけですから、何か提案してより良い制作が出来れば良いなと思っています。
もちろん新しい事が絶対良いのかと言われるとそんな事はありませんが、
とりあえず試してみる。その上で会社にとって必要そうであれば共有したり提案したりします。
新年度から1ヶ月ほど経ちましたし、新人の方は「新人として自分は会社に何が出来るのか」是非一度考えてみてはいかがでしょうか?
N's Creates

兵庫県から全国へアプリやWebサービスの UI デザインを提供する、N's Creates 株式会社では、
アプリケーションの UI デザインのご依頼を全国から受け付けています。

また北播磨地区をはじめ兵庫県の事業者様に向けて、
Web を活用したビジネスのコンサルティングも行っています。

あなたのビジネス課題を、デザインとITの力で解決します。
ご興味がある方は、問い合わせフォームから、お気軽にご相談ください。
ご縁が繋がることを楽しみにお待ちしています。

また、一緒に事業を盛り上げてくれる仲間を全国から募集しています。
オンラインで繋がるリモートチームで、デザインや開発を通じて
様々なクライアントの問題を一緒に解決しませんか?

興味がある方は、一度お話しましょう。問い合わせフォームから、ご連絡お待ちしています。

同じテーマの記事

中田 和行中田 和行 / 2019年8月2日

経営課題に近い商品・サービスの提供を

中田 和行中田 和行 / 2019年7月26日

デザイナー=考えて具現化できる人

魚返 真哉魚返 真哉 / 2019年7月19日

仕事との向き合い方は人それぞれでよいということ

中田 和行中田 和行 / 2019年7月12日

システム開発部門を立ち上げました

ページ上部へ戻る