N'sCreates ロゴ

UX/UIデザインに強いWebシステム開発会社。神戸・三木から全国対応します。

魚返 真哉魚返 真哉 / 2018年8月31日

アプリ設計の近未来

三木市の IT デザインオフィス、N's Creates (エヌズクリエイツ) デザイナー / 上級ウェブ解析士魚返です。

今、 これを書いている間にも、数多のスマホアプリが開発されて、リリースされていますよね。開発の現場においても、機会損失したくないために、早くリリースしたいというお客さんがいっぱいです。

そういった世間的なニーズもあって、どんどん開発のサイクルを回していかなければならず、デザイナーも大変です、笑

一方で、モバイルデバイスの進化には目を見張るものがありますね。まだタブレットが登場した当時は、ウェブのブラウジング等コンテンツ消費がメインでしたが、今、絵を書いたり、音楽を作ったり、いろんなアウトプットが可能になっています。

で、アプリの開発現場においても、PCを使わずにタブレットで!という時代がもうそろそろくるだろうなと思っています。最近、iPadとApple Pencilを手に入れたこともあり、ひとつツールを紹介したいと思います。

inVision Freehand

画面の遷移設計ができるツール、inVisionの派生サービスです。具体的には、

  • Apple Pencilで描画ができる
  • リアルタイム編集ができる

で、アプリ設計時に画面を共有しながら、デザイナー同士でだったり、ステークフォルダーも含めてだったり、アイデア出しやワイヤーの下準備までが容易にできてしまいます。(社内でも試験的に使用してみました)

GUI作成はまだPCのデザインツールを使いますが、iPadを含めたタブレット向けのツールも出ているので、そちらも気になっています。機会があればまたご紹介したいです!
まずは設計のこういったところから、モバイルデバイスを使った開発が始まりそうですね!

inVision Freehand

同じテーマの記事

中田 和行中田 和行 / 2019年11月15日

長く続く会社にするために心がけていること

中田 和行中田 和行 / 2019年11月8日

「考える」が会社も人も成長させる

中田 和行中田 和行 / 2019年10月11日

良いものはどんどん取り入れる!

中田 和行中田 和行 / 2019年10月5日

自己肯定感の高め方

ページ上部へ戻る