N'sCreates ロゴ

UI デザインからシステム開発まで、デザインに強い IT 開発会社。フルリモートで全国対応します。

中田 和行中田 和行 / 2019年3月15日

5千円の名刺と100万円の名刺の違い

世界に広がるリモートチームで、アプリやWebサービスの UI 設計とデザインを提供する、
N's Creates (エヌズクリエイツ) 株式会社 代表取締役 中田 (@NakatA__) です。

先日、デザインコストの本質についてご紹介しましたが、
今日はさらに具体的に、デザインの「費用対効果」について考えてみようと思います。

先日お伝えしたように、なかなか「効果」という形では明確にしづらいのか、
デザイン業界の中でも明文化されているのをあまり見たことがないのですが、
日常のビジネスシーンを改めて見てみると、いろいろな“効果”や“可能性”が見えてきそうです。

社員全員が営業マン?!

N’s CreatesはIT関係を中心にデザインをご提供していますが、
たまに作るものが「名刺」です。

初めての取引先の方々に渡す企業と社員の顔になる名刺。

社名や部署名、名前、電話番号、住所など、
最低限の情報が書いてあれば名刺の役割としては問題ありませんし、
安価で作ってくれるところはたくさんあります。

うちの場合は、その名刺をデザインしてから完成まで、何人がどのくらいの日数をかけて作るので、
このくらいの金額になりますという感じで代金を頂戴しているため、
「やっぱり安いところにお願いします」というケースは珍しくありません。

しかし、費用をかけてまで名刺にデザインを取り入れることで広がる可能性もあるのではないでしょうか?

例えば、「なぜつくるのか?」という観点で見てみると、その理由もさまざまだと思いますが、
単純にリニューアル的な要素だけではなく、クリアケースや封筒など、名刺を含むすべての事務用品に関して、
デザインでブランディング統一すると想定すると、どうでしょう。

名刺や印刷物のロゴに詰め込まれた思いや理由を全員でシェアすれば、
事務や経理、営業など部署に関わらず、全員が「お客さんになるかもしれない人」へ、
自社について、あるいは自社商品について語ること(=プレゼン)ができます。

そう考えると、全員が自社の営業マンになれるといっても過言ではありません。

このようにして、全部署の社員が年間にたった1回だけでも仕事の相談をうけることがあれば、
年間に換算すると大きな売上につながります。

それだけではなく、「自社の理念や商品を全員が語れる会社」には、
おそらく多くの人が良い印象を受けるはずです。
すなわち、企業イメージアップもつながるというわけです。

デザインを活かす

このように、「単に名刺を作りたいからデザイン会社に頼む」という発想から、
「デザインを活用することで広がる可能性や効果を得るためにデザイン会社に頼む」
という発想にシフトすると、選択肢や費用感も変化するのかもしれません。

少し極端な数字ですが、
5000円の名刺と100万円の名刺。そこから生まれる効果を踏まえて考えたとき、
あなたはどちらの名刺を選びますか?という話。

「デザインする」でけではなく、完成したデザインをどのように活かすのかで、
費用対効果にも大きな差がつきそうです。

N’s Createsでは、アプリのUIやウェブサービスなどのITだけではなく、
経営に役立つデザインをご提供しています。

また、デザインの活用方法などのご相談も承っておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください!

N's Creates

兵庫県から全国へアプリやWebサービスの UI デザインを提供する、N's Creates 株式会社では、
アプリケーションの UI デザインのご依頼を全国から受け付けています。

また北播磨地区をはじめ兵庫県の事業者様に向けて、
Web を活用したビジネスのコンサルティングも行っています。

あなたのビジネス課題を、デザインとITの力で解決します。
ご興味がある方は、問い合わせフォームから、お気軽にご相談ください。
ご縁が繋がることを楽しみにお待ちしています。

また、一緒に事業を盛り上げてくれる仲間を全国から募集しています。
オンラインで繋がるリモートチームで、デザインや開発を通じて
様々なクライアントの問題を一緒に解決しませんか?

興味がある方は、一度お話しましょう。問い合わせフォームから、ご連絡お待ちしています。

同じテーマの記事

中田 和行中田 和行 / 2019年8月2日

経営課題に近い商品・サービスの提供を

中田 和行中田 和行 / 2019年7月26日

デザイナー=考えて具現化できる人

魚返 真哉魚返 真哉 / 2019年7月19日

仕事との向き合い方は人それぞれでよいということ

中田 和行中田 和行 / 2019年7月12日

システム開発部門を立ち上げました

ページ上部へ戻る