N'sCreates ロゴ

UI デザインからシステム開発まで、デザインに強い IT 開発会社。フルリモートで全国対応します。

中田 和行中田 和行 / 2019年5月31日

イノベーションとデザイン

世界に広がるリモートチームで、アプリやWebサービスの UI 設計とデザインを提供する、
N's Creates (エヌズクリエイツ) 株式会社 代表取締役 中田 (@NakatA__) です。

「イノベーション」という言葉。最近ではごく一般的に使用されており、
経済産業省・特許庁の「デザイン経営」宣言の中にも出てきますが、
実際には、どのようなことが「イノベーション」とされるのでしょうか?

前回のブログの「ブランド力」と同様、
定義のわかりづらいこの言葉に、どういう意味が含まれているのかを、
今回は見ていこうと思います。

イノベーションの定義

イノベーションという言葉を直訳すると「革新」ですが、
この言葉を経済発展と結びつけたのが、経済学者のヨーゼフ・シュンペーターです。

彼は「経済発展の理論」の中で、イノベーションは5つに分類されると書いています。

  1. 新しい生産物または生産物の新しい品質の創出と実現
  2. 新しい生産方法の導入
  3. 産業の新しい組織の創出
  4. 新しい販売市場の開拓
  5. 新しい買い付け先の開拓

これら5つをまとめていくと、新しい製品やサービス、仕組みができ、
それが新たな価値を生み出すこと─これが、イノベーションの定義なのだそうです。

身近な例でいくと、やはりここでもアップル社が良い例として挙げられるのではないでしょうか。

当時はIBMが産業向けのコンピューターしか生産していませんでしたが、
それを個人向けのものとして作りました。

これは、前述の「新しい販売市場の開発」「新しい生産物または生産物の新しい品質の創出と実現」に値します。

さらにそこから、「新しい生産物」としてマウスやiMac、iPhone、iPadなどを販売し、
数々のイノベーションを起こしています。

ただ、これは、スティーブ・ジョブズ氏のビジョンによる力や、
デザイン面に関してはジョナサン・アイブ氏の功績も大きく影響しているので、
どこまでがデザインの力によるイノベーションなのかは定かでありません。

しかし、持っている技術を見た目や設計といった観点で問題解決に活かすという側面では、
間違いなく、デザインがイノベーションの橋渡しになっているのだと感じています。

プロダクトとしてのイノベーション

最近、これはデザインによるイノベーションのわかりやすい例だと感じるものを思い出しました。

それが、マインカフォンです。ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

これは、地雷撤去のために使用される球体状の物体で、風で動きます。

最近ではドローンなどもあるようですが、もともと開発されたのが、このマインカフォンなのだそうです。

イラクやアフガニスタンなど、60カ国以上に1億発は埋まっていると言われている地雷。

命を奪われたり、子供たちが遊び場を失い、さらには撤去そのものも危険も人手も要する─
という課題をデザイン的な観点で解決しているプロダクトだと感じています。

何かしらの問題に対して、製品や仕組みを用いて解決し続けていくこと。

これこそ、デザインがイノベーションにおいて役立つ大きな一つです。

解決行動を続けるために

しかし、「経営」という点で見つめ直すと、やはり、机上の空論ではいけません。

デザインも大切ですが、ビジネスとしてどのように展開させるのかなどバランスが大切です。

日本企業は、デザインへの投資を蔑ろにしがちだったところが大きくあると思いますが、
「ビジネスのためのデザイン」を、
デザイン企業へ相談することで解決できることが思う以上にたくさんあるような気がしています。

自社の商品やサービスだけではなく、ノウハウや強み、さらに顧客層の潜在的ニーズの発掘など、
デザイン的な観点が、発展へ結びつくイノベーションになるのではないでしょうか。

解決行動を続けるためにも、デザインに関するご相談は、プロにお任せ下さい!

N’s Createsでは、UIデザインをはじめ、そのほかにもさまざまなデザインをご提供しています。

問い合わせ、ご相談などございましたら、専用フォームよりお気軽にお問い合わせください!

N's Creates

兵庫県から全国へアプリやWebサービスの UI デザインを提供する、N's Creates 株式会社では、
アプリケーションの UI デザインのご依頼を全国から受け付けています。

また北播磨地区をはじめ兵庫県の事業者様に向けて、
Web を活用したビジネスのコンサルティングも行っています。

あなたのビジネス課題を、デザインとITの力で解決します。
ご興味がある方は、問い合わせフォームから、お気軽にご相談ください。
ご縁が繋がることを楽しみにお待ちしています。

また、一緒に事業を盛り上げてくれる仲間を全国から募集しています。
オンラインで繋がるリモートチームで、デザインや開発を通じて
様々なクライアントの問題を一緒に解決しませんか?

興味がある方は、一度お話しましょう。問い合わせフォームから、ご連絡お待ちしています。

同じテーマの記事

中田 和行中田 和行 / 2019年6月21日

ビジネスを成功に導く思考とは?

中田 和行中田 和行 / 2019年6月14日

企業の産業競争力を上げるための「デザイン経営」

中田 和行中田 和行 / 2019年5月29日

ビジネスにおけるデザインの重要性

中田 和行中田 和行 / 2019年4月26日

補助金を有効に活用する

ページ上部へ戻る