N'sCreates ロゴ

UI デザインからシステム開発まで、デザインに強い IT 開発会社。フルリモートで全国対応します。

世界に広がるリモートチームで、アプリやWebサービスの UI 設計とデザインを提供する、
N's Creates (エヌズクリエイツ) 株式会社 代表取締役 中田 (@NakatA__) です。

以前もお伝えしましたが、N’s Createsではデザイン部分だけではなく、
システム開発までできるようになりました。

そこで、アプリの受託開発と合わせて、自社商品・サービス開発に向けて、
まずは自分たちの課題を解決するためのシステム開発を進めているところです。

なぜ、まずは「自分たちのためのシステム」なのか?

例えば、こんなふうに考えてみるとどうでしょうか?

  • ラーメン屋だけど、ラーメンを食べたことがない人がやっているラーメン屋
  • すごくラーメンが好きで始めた人がやっているラーメン屋

きっとこの二つであれば、
多くの人が後者のラーメン屋さんでラーメンを食べたいと思うのではないでしょうか?

ちょっと例えが極端ですが(笑)これと同じように、
<自分たちのところで運用したことのあるシステム>と、
<開発制作はしているものの、自分たちのところでは運用したことのないシステム>とでは、
ノウハウを含め、知見が大きく変わってくると思うのです。

さらに、僕自身が経営者ということもあるので、
経営の立場から感じる「不」を解消するシステムにしたいという意図もあります。

それは同時に、ほかの経営者の方の「不」を解消できるものにつながるとも思っているからです。

経営者同士で話をするとよくわかるのですが、
だいたいある程度のところまできた経営者の悩みは似通っています。

<今のままだと売上がのびないので、人を増やしたいが、人を増やすと利益が出ない>
<売上が上がっても、利益がでない>
<そもそも、売り上げ自体がなかなか伸びない>など。

そういう観点でまずは自社内の不を解決する仕組み・システムを開発すれば、
ほかの企業でも業務内の無駄を削減するなど、
より経営課題に近い解決を実現するシステムを作れるのではと思っています。

経営目線ではなく「働く人」目線の課題解決も

また、経営者という観点だけで見るのではなく、
N’s Createsで働いてくれるチームメンバー(=現場で働く立場の人)の目線から見た「不」も、
開発に取り入れていければと考えているところです。

経営側になると、どうしても見えなくなりがちですが、
現場の課題を解決するということは、
働く人にとってのストレスを低減することにもつながります。

そして、メンバーのストレスを減らせることができれば、
さらに業務効率が上がるだけではなく、モチベーションや社内風土も良くなり、
相乗効果を得られるのではないでしょうか?

ですので、僕たちが月に一度行っているメンバー間の定期ミーティングでも、
業務内の課題を抽出していければと思っています。

このようにして、まずは自分たちの「不」を解消できるようなものを発見し、作り、
“考え方”の提供ならば受託、
“サービスそのもの”であればプロダクトという感じでいろいろな方に
解決方法を提供できるようになれば、
さらに新しいことも比例して広がりそうです!

N’s Createsがご提供する自社サービスのほかにも、
「自分の会社のノウハウをこんなサービスにして形にしてみたい」などのご相談がありましたら、
ぜひ、お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡ください!

N's Creates

兵庫県から全国へアプリやWebサービスの UI デザインを提供する、N's Creates 株式会社では、
アプリケーションの UI デザインのご依頼を全国から受け付けています。

また北播磨地区をはじめ兵庫県の事業者様に向けて、
Web を活用したビジネスのコンサルティングも行っています。

あなたのビジネス課題を、デザインとITの力で解決します。
ご興味がある方は、問い合わせフォームから、お気軽にご相談ください。
ご縁が繋がることを楽しみにお待ちしています。

また、一緒に事業を盛り上げてくれる仲間を全国から募集しています。
オンラインで繋がるリモートチームで、デザインや開発を通じて
様々なクライアントの問題を一緒に解決しませんか?

興味がある方は、一度お話しましょう。問い合わせフォームから、ご連絡お待ちしています。

同じテーマの記事

中田 和行中田 和行 / 2019年6月21日

ビジネスを成功に導く思考とは?

中田 和行中田 和行 / 2019年6月14日

企業の産業競争力を上げるための「デザイン経営」

中田 和行中田 和行 / 2019年5月31日

イノベーションとデザイン

中田 和行中田 和行 / 2019年5月29日

ビジネスにおけるデザインの重要性

ページ上部へ戻る