N'sCreates ロゴ

UX/UIデザインに強いWebシステム開発会社。神戸・三木から全国対応します。

UX / UI のデザインに強いWebシステムの開発と、BtoB Webマーケを支援するWeb制作を提供する
N's Creates (エヌズクリエイツ) 株式会社 UIコーダー 齋藤 (@31mskz10) です。

過去に「記事のアウトライン作成の重要性」という記事を書きました。

アウトラインの作成はテキスト入力ができればなんでもよくて、下記目的が達成できればどんな方法でも問題ないと思っています。

  • 何を書くべきなのかが整理できる
  • 頭の中が整理できる

どんな方法でもいいと言いつつ、アプリケーションによってはプラスアルファの使い勝手が得られる場合があるので、今回は実際にアウトラインを作成するときに使っているアプリケーションをいくつか紹介します。

なにを使えばいいか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

Ulysses

Ulysses

Ulyssesという文章執筆向けのテキストエディタで見出しを作成すると、見出しがそのままアウトラインとしてリスト表示されます。

記事など長い文章はUlyssesで書くことが多いので、見出しでアウトラインを作成してそのまま執筆を始めるパターンもあります。

また、見出しの下にリストでざっくり内容をメモする場合もあります。
どうしても見出しだけだとどんな内容を書くのかはっきり分からないので、メモとして残しておくと記事を書くときに便利です。

Ulyssesはそれ以外にも、さまざまな文章執筆が捗る機能が用意されているので、文章を書く人には非常にオススメです。
ただし、利用は有料のサブスクリプションなので注意が必要です。

MindNode

MindNode

MindNodeはマインドマップアプリです。
マインドマップのアプリやサービスはいくつかありますが、最低限マインドマップを作成するための機能が揃っていればなんでもいいと思っています。

マインドマップとしてアウトラインを作成すると、最終的に内容をリスト化してコピーできるので、これをコピーしてUlyssesなど別のアプリに移動して執筆します。

Evernote

Evernote

あとはノートアプリとして有名なEvernoteです。
リスト機能があるので、それを使って半分メモレベルで必要な情報を残しつつ、アウトラインとして残すときに使います。

とりあえず「記事のネタになるかも?」と思ったことを残しつつ、ざっくりの内容を保存しています。
Evernoteは他のノートアプリに比べて検索が強いため、あとから探すのに向いています。

どんな方法でもいいのでアウトラインを作っておくと記事が書きやすくなります。


UX / UI のデザインに強いWebシステムの開発と、BtoB Webマーケを支援するWeb制作を提供する
N's Creates 株式会社は、神戸三宮オフィスまで週1出社(それ以外はリモートワーク)できる「デザイナー」「エンジニア」を募集しています。

興味のある方は、カジュアル面談しますので気軽にお問い合わせください!

同じテーマの記事

高橋 実玖高橋 実玖 / 2022年12月2日

ブラックフライデーで買ってよかったもの!

木下雄貴木下雄貴 / 2022年11月24日

入社4年目のWeb / UIデザイナーの自分が今月気になったWebサービス・ニュースまとめ【2022年 11月】

齋藤 公一齋藤 公一 / 2022年11月11日

なんでもタッチスクリーンにしてしまって問題ないのか?実例から考えるあるべき姿

本田顕本田顕 / 2022年11月4日

PHPカンファレンス2022に参加してきました!

ページ上部へ戻る