齋藤 公一齋藤 公一 / 2023年7月18日

個人でサイトを運営することの大切さ

UX / UI のデザインに強いWebシステムの開発と、BtoB Webマーケを支援するWeb制作を提供する
N's Creates (エヌズクリエイツ) 株式会社 UIコーダー 齋藤 (@31mskz10) です。

自分は個人のブログを運営しています。
学生時代から続けていて6年以上経っていますが、気がつけば1000本近い記事を書いていました。

単純な情報発信という意味以外にも、「自分でサイトを所有している」ことによって得られた経験や学びもあります。
今回は自分でもサイトを運営することの大切さについてまとめてみます。

1. 気になる機能を試せる

ウェブの世界は日々進化しています。
「こういう機能を実践してみよう」と思っても、いきなり仕事でそれを使えることは少ないです。

  • SVGの採用(ちょうどSVGが流行りだしたタイミングで試しました)
  • ダークモードの実装
  • 最新のCSSをお試し

こういった機能を「ちょっと気になるから試してみよう」とできるのは便利です。

2. サイト運用を学べる

実際にサイトを運用していると、記事を書く上でどのような実装がされてあると運用しやすいかなどが肌感覚で分かります。

クライアントが使う上で、どのような点を注意しておけばいいのかは、実際に自分が経験していないと難しい部分があります。

また、Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールを使って実際に数字を見て学べるのもメリットです。

3. 自分自身のモチベーションになる

やはり自分でサイトを運用していると、それだけでもモチベーションになります。
「よく棚や箱を買うと、それが埋まるように中身も買うようになる」なんて話を聞きます。自分が運営するサイト(箱)を作ると、それに合わせて情報も発信するようになります。

他にも、自分のサイトは効率化に関する記事を多く発信しているので、それに興味のある人とのつながりができるのも大きいです。

まとめ

いまはnoteやMediumなど、自分でサイトを作らなくても情報発信ができるようになりつつあります。
まずは箱を作るとことから初めてみてはいかがでしょうか。


UX / UI のデザインに強いWebシステムの開発と、BtoB Webマーケを支援するWeb制作を提供する
N's Creates 株式会社は、神戸三宮オフィスまで週1出社(それ以外はリモートワーク)できる「デザイナー」「エンジニア」を募集しています。

興味のある方は、カジュアル面談しますので気軽にお問い合わせください!

同じテーマの記事

齋藤 公一齋藤 公一 / 2024年3月26日

業務システムこそデザインにこだわった方が良い理由

山本 明子山本 明子 / 2024年3月22日

肩首伸ばしてスッキリ!座りながらできるストレッチ

本田 顕本田 顕 / 2024年3月13日

マック・ミラーが最高

西山秀治西山秀治 / 2024年2月16日

PHP8について

お問い合わせ

BtoBサービスのデザイン・開発に関することならお気軽にご相談ください

一緒に働く仲間を募集しています

採用情報

デザイナー、エンジニア共に募集をしています。

パートナー募集

現在は主に開発領域に対して募集しています。