UX / UI のデザインに強いWebシステムの開発と、BtoB Webマーケを支援するWeb制作を提供するN’s Creates (エヌズクリエイツ) 株式会社の永富です。

今回は最近気になったIT関連のトピックを2つ取り上げます。

Apple 「WWDC24」

今年もAppleの「WWDC24」が開催されました。

やはり注目したいのは生成AI関連です。年内を目処にiOS 18、iPad 18、macOS SequoiaにGPT-4oが統合され、これらのデバイスのユーザーは無料でGPT-4oにアクセスできるとのこと。iOSのユーザーにとってかなり生成AIにアクセスしやすい環境になりそうです。

また、ユーザーの簡単な指示であらゆる操作を手助けしてくれる無料のAI機能「Apple Intelligence」も発表されました。

例えばSiriで、「土曜日のバーベキューで撮った写真をお母さんに送って」と指示すれば、写真アプリから「土曜日のバーベキューで撮った写真」を探して、連絡先に登録しているお母さんに写真を送るところまで自動でやってくれます。

デバイスに入っている色々なアプリを横断するような複雑なタスクを、簡単な指示をSiriに出すだけで手助けしてもらえるようになります。

その他にも画像や文章の作成に生成AIが使えるようになるとのことで、今後、アプリ開発の現場でもデバイスに搭載されたAIの活用を本格的に考える場面が出てきそうです。

WWDC24 基調講演より

内容とは全く関係ないですが、「Apple Intelligence」の頭文字を取ると「AI」になるのが洒落が効いてるなと思いました。

小池百合子氏の「AIゆりこ」

東京都知事選で、小池百合子氏の選挙活動として「AIゆりこ」がNEWS形式で自らの実績を紹介する動画がYouTubeで公開されています。

皆さんもご覧になりましたか?

AIや精巧な人型ロボットによくある「不気味の谷」は「AIゆりこ」でも存分に感じられ、正直気持ち悪さはありますが、表情や動きの再現はかなりできていると思います。

また音声も、もともとアナウンサーだった小池氏の話し方を学習させているからか、イントネーションの違和感はあるもののかなり聞きやすい感じに仕上がっていると感じました。

小池氏のYouTubeより

またこの活動が良いか悪いかという批判とは別の話として、生成AIのような最新のテクノロジーを利用した取り組みが選挙の中で重要なものとして扱われるようになっている、という点が、今回の都知事選における大きなトピックかなと思います。

小池百合子氏は他にも行政手続きのデジタル化も公約として打ち出しています。私は関西に住んでいて選挙権はないのですが、他の候補者や、今後の行われる選挙でもデジタル・ITに関してどんな取り組みがあるのかも注目したいですね。


UX / UI のデザインに強いWebシステムの開発と、BtoB Webマーケを支援するWeb制作を提供する
N's Creates 株式会社は、神戸三宮オフィスまで週1出社(それ以外はリモートワーク)できる「デザイナー」「エンジニア」を募集しています。

興味のある方は、カジュアル面談しますので気軽にお問い合わせください!

同じテーマの記事

お問い合わせ

BtoBサービスのデザイン・開発に関することならお気軽にご相談ください

一緒に働く仲間を募集しています

採用情報

デザイナー、エンジニア共に募集をしています。

パートナー募集

現在は主に開発領域に対して募集しています。