UX / UI のデザインに強いWebシステムの開発と、BtoB Webマーケを支援するWeb制作を提供する
N's Creates (エヌズクリエイツ) 株式会社 UIコーダー 齋藤 (@31mskz10) です。


過去に「翻訳するだけじゃない!多言語対応サイトで考慮すべきポイント」という記事を書きました。

この記事でも「ただ翻訳するだけではなく、多言語対応には考慮しなければならないポイントがたくさんある」ことを紹介しています。

  • 翻訳して文字数が変わったことによる表示崩れ
  • 国・地域によって好まれるデザインが違う
  • 固有名詞を使う場合に、対応する国に合わせる
  • 画像はそのままで大丈夫なのか考慮する

このように、多言語対応・英語対応は単に翻訳すればいいというわけではありません。
そして音楽における英語対応は「YOASOBI」が完璧に行っていました。

今回はYOASOBIの英語対応について紹介します。

YOASOBI『アイドル』

2023年に出された楽曲ではYOASOBIの『アイドル』が英語対応されています。

日本語版

英語版

聞き比べてみると分かりますが、英語版は英語の曲として違和感のないレベルに仕上がっています。
また、細かい部分にさまざまな「こだわり」がうかがえます。

①文字数の違い

日本語の歌詞をそのまま翻訳してしまうと、当然ですが文字数が変わってしまいます。

そのため、歌うときに不自然なほど早くなってしまったり、リズムに合っていなかったりなどの問題が出てきます。

そうならないために、YOASOBIの英語対応では歌詞として歌っても、できる限り違和感のないような翻訳がされています。

この時点で、「英語対応 ≠ 直訳」だと分かります。

②日本語のように聞こえる空耳マジック

サビの『誰もが目を~』の部分は『That emotion melts…』になっています。

実際に曲を聴いてみると分かりますが、英語なのにまるで日本語で歌っているように空耳するようになっています。

このように、ところどころ日本語のように空耳する箇所があります。
これもすごいこだわりですね。

③翻訳が難しい部分は歌詞を変更する

この『アイドル』という楽曲はアニメ『推しの子』のOP曲として作成されています。

そのため、文字数や発音の関係で単に翻訳するだけでは対応が難しい場合は、『推しの子』の内容に合う範囲で歌詞をまったく別のものにしています。

他の英語対応楽曲

YOASOBIは他にも英語対応の楽曲をいくつも出しています。
どれも非常にクオリティが高いので、「どんな工夫がされているんだろう?」という視点で見てみても面白いのではないでしょうか。

YOASOBI English Ver.


UX / UI のデザインに強いWebシステムの開発と、BtoB Webマーケを支援するWeb制作を提供する
N's Creates 株式会社は、神戸三宮オフィスまで週1出社(それ以外はリモートワーク)できる「デザイナー」「エンジニア」を募集しています。

興味のある方は、カジュアル面談しますので気軽にお問い合わせください!

同じテーマの記事

齋藤 公一齋藤 公一 / 2024年3月26日

業務システムこそデザインにこだわった方が良い理由

山本 明子山本 明子 / 2024年3月22日

肩首伸ばしてスッキリ!座りながらできるストレッチ

本田 顕本田 顕 / 2024年3月13日

マック・ミラーが最高

西山秀治西山秀治 / 2024年2月16日

PHP8について

お問い合わせ

BtoBサービスのデザイン・開発に関することならお気軽にご相談ください

一緒に働く仲間を募集しています

採用情報

デザイナー、エンジニア共に募集をしています。

パートナー募集

現在は主に開発領域に対して募集しています。